じん臓についてとホ母乳ユニットについて探究しました

じん臓などについて演習をしました。じん臓は、約100万個のネフロンというごとからなり、血によって運ばれたゴミをこしとります。また、尿の根底を再吸収して血まん中の湿気や塩の濃度を調節します。次は、皮膚についてだ。皮膚には、気温や疼痛などを見受ける心地部分が分布し、外界のみたいすを感じとることができます。一層、皮膚には体温を調節する実行もあります。暑い時折、汗せんから汗が出て蒸発すると同時にからだのエモーションをうばって体温を下げます。寒いときは筋肉が縮んで皮膚のトラップをふさぎ、エモーションが出歩くのを防ぎます。これが鳥肌だ、次は、ホミルク群れについてだ。息吹は肺息吹だ。体温は、恒温(周囲の気温が変化しても体温を一定に保つ)だ。心臓は、2心房2心室だ。うまれ者は、胎生(親のカラダで輩を育て、ちっちゃい輩をうむ)だ。このようなことを演習しましたが、ネフロンなど知らない言葉も出てきたので、全然勉強になりました。キレイモ デコルテ